最近の動向2024

最近の建築基準法の動向について、いくつかの重要な改正点があります。 これらの改正は、脱炭素社会の実現に資するための建築物のエネルギー消費性能の向上に関連しています。建築基準法の改正は、建築物の安全性や環境性能の向上、そして建築業界のニーズに対応するために行われています​​​​。

建築基準法の歴史

建築基準法は、日本における建築物の構造・耐震性・安全性の最低基準を定めた法律です。この法律が制定されたのは、昭和22年(1947年)のことです。建築基準法が制定される以前の日本では、建物の建設において様々な問題が起きていました。特に、戦前の建築物の多くは、火災や地震に弱い構造であり、多くの犠牲者を出すこととなりました。 You need to be logged in to view the rest of the content. Please Log In. Not a Member? Join Us